石田ひかり (石田光)

石田ひかり (石田光)

简介:小档案 1972年(昭和47年)5月25日に東京で誕生。両親は転勤族で、3歳の頃まで兵庫県西宮市で暮らす。[1] 大事件 小学校在学中、日本郵船に勤務する父の仕事の関係で台湾で数年過ごす。水泳が得意で、台湾在住のころ現地の水泳大会で優勝し、現地の新聞に載ったことがある。[2] 帰国後、芸能プロダクションボックスコーポレーションにスカウトされ、芸能活動を始める。姉・ゆり子もほぼ同時に同社と契約しているが、姉妹とは知らずに別の場所でスカウトされていた。 1987年(昭和62年)5月、テイチクからシングル「エメラルドの砂」で歌手デビュー。その後、シングル10枚、アルバム5枚を発売する。代表曲としては、花王「ピュア」シャンプーのCMイメージ・ソングとなった「くちびるハート2」や「恋は確率51%」などをあげられる。本人は「15歳から18歳までアイドル歌手やってました。全く売れなかったですけど」とコメントしている。 芸能活動そのものは、レコード・デビューより少し早い。1986年には『妻たちの課外授業II』(日本テレビ)に出演している。また、アシックスのCMなどにも出演していた。アイドル時代は、『花のあすか組!』(1988年)や『ママハハブギ』(1989年)といったようなテレビドラマにコンスタントに出演していた。テレビの芸能人水泳大会などでも活躍をみせた。 芸能活動に平行して亜細亜大学法学部へ進学。大学の卒業論文の内容は「堕胎罪について」であったが、「深く考えずにこのテーマを選んでしまったが、とても大変な問題で追求しきれなかった」と、卒論に対する悔いを告白した(テレビ朝日『徹子の部屋』での本人談)。 3年時の前期試験においてカンニングで捕まり、学生番号と本名が掲示板に掲示されるが、学長の判断で無罪放免となる。その後の試験ではカンニングでも捕まらない不文律の芸能人特権が芸能人に与えられることとなった。 『さびしんぼう』などの尾道三部作で知られる大林宣彦監督の映画『ふたり』(1991年)、『はるか、ノスタルジィ』(1992年)に主演し、女優として大きく飛躍することになった。 同年、よみうりテレビ『悪女』にTVドラマ初主演。続いてNHK朝の連続テレビ小説『ひらり』では大相撲が大好きなヒロインを演じて注目された。その後もフジテレビ『あすなろ白書』に主演。人気のピークを迎えた。『NHK紅白歌合戦』には、1992年(平成4年)と1993年(平成5年)に2年連続で、紅組司会を務めている。プロサッカー選手の青嶋文明との交際に実父が猛反対しマスコミを賑わせた。 2001年(平成13年)5月、NHK大阪放送局のディレクター(当時)の訓覇圭(くるべ・けい)と結婚して、かつて幼児期に住んでいた西宮市に一時在住、2003年(平成15年)同局制作の連続ドラマシリーズ『かるたクイーン』にも出演し、同年5月31日に長女を出産。その後訓覇の東京への転勤に伴い東京へ戻り、2005年(平成17年)1月23日に自宅で次女を出産した。 アイドル時代の愛称は「ピカ」。現在も姉からはそう呼ばれている。
[更多][举报]

查看更多内容,请下载客户端

立即下载
反馈播放器