Siam Shade

Siam Shade

外文名:Siam Shade 别名:シャムシェイド 国籍:日本 团员组成:今村栄喜\ 中川泰 \ 远藤一马\ 伊藤大太 \ 佐久間淳士 团员人数:5 成立时间:1991年 解散时间:2002年 简介:Siam Shade (风格化为SIAM SHADE )是一支由五人组成的日本摇滚乐队,于1991年在东京成立。他们在1990年代初期与众多其他歌手一起闯入了视觉系舞台,并在解散后享誉十年。 2002年初。自2007年以来,成员已多次团聚,参加一次音乐会和短途旅行。 在日本以外的国家,Siam Shade以“ 1/3 no Junjou na Kanjou ”而闻名,这是Rurouni Kenshin动画的许多结局主题之一。 小简介:バンド名は「密接した陰」という意味の英語に由来する。 リーダーはNATINである。理由は、インディーズ時代ほかのメンバーが金が無くて電話を止められていたのに対し、NATINだけは実家にいたため、連絡先として重要な役割を果たしていたから。 初期は「ロック界のザ・ドリフターズ」を自称するほどコメディに走っており、ツアーごとにショートコントムービーを作っていた。(ビデオ「SIAM SHADE」に、その一部が見られる)また、エンドロール後に「TIME'S」のパロディ版が収録されている)なお、所属していた事務所・アミューズの俳優陣がゲスト出演しており、後にNATINと結婚する伊藤かずえも出演している。 メンバー全員がLUNA SEAを尊敬していたり、インディーズ時代に町田PLAY HOUSEを拠点としていた為、LUNA SEAの弟分バンドでもある。特に、栄喜は元LUNA SEAのボーカル河村隆一を尊敬している。また、淳士は元LUNA SEAのドラマー真矢に憧れてドラムを始め、一時期LUNA SEAのローディーをしていた為に、師弟関係でもある。。LUNA SEAの2ndアルバム「IMAGE」のスタッフの中に、ローディーとして、淳士の名前がある。ただし、スペルは"JYUNZI"と表記されている。LUNA SEAのインディーズ時代のライブビデオ「IMAGE OR REAL」に真矢のアップになると淳士の頭が映る。 1994年頃当時LUNA SEAのRYUICHI(現・河村隆一)がDJを務めていた『ミッドナイト・ロック・シティ』(※FM NACK5でオンエアされていたラジオ番組。月~金曜日25時~27時でLUNA SEAは木曜日担当。後SIAM SHADEも火曜日担当になるが、後述の栄喜脱退騒動もあって半年で降りている。)の『インディーズ・ナイト』というコーナーに呼ばれ、デモテープの曲をかけてもらって以降、口コミで一気にライブでの動員数が増えた メンバー全員が格闘技好き、さらには全員何らかのスポーツを好んでいた事からライブでのMCやライブのノリはスポコン調であった。 ボーカルの栄喜の先輩に吉田秀彦がおり、その縁もありバンドは何かと世話になっていた。殆どのアルバムの[special thanks]のところに彼の名前が載っている。ちなみに解散後、彼の紹介でJ-ROCKの社長を紹介してもらいACIDやソロ活動をしている。 広島のライブハウスでライブをしたときに観客の重みで床が抜けたことがあり、後に弦楽隊3人が雑誌「バンドやろうぜ」で「バンドでのエピソードは?」と聞かれたときに3人そろってその事件を答えていた。結局そのときは棟梁が来るのを待ってライブを再開したようである。 1997年4月、栄喜は一度脱退を宣言し、一時工事現場で働いていたことがある。そのときは、工事現場の同僚にSIAM SHADEのファンがいて、その人の説得によりすぐに復帰している。 後の韓流ブームよりずっと前の2000年に、当時日本人の大規模公演が解禁されたばかりの韓国で行われた釜山ロックフェスティバルに日本のロックバンドとして初めて参加するなど韓国のメディアからも注目を集めた。 あまり知られてはいないが、ツインボーカルのバンドである。本来、別のバンドに移籍するはずだった栄喜が、後釜としてKAZUMAを紹介したのだが、栄喜がそのまま居座ったため、この形になった。(KAZUMAを引き込む為に「自分は移籍するから後は頼む」と言っただけで、そもそも移籍する気はなかったともいう。) 栄喜は、1996年まではCHACKと名乗っていた。由来は、先輩から「好きなミュージシャンは誰だ?」と聞かれ、「セバスチャン・バック(元スキッド・ロウ)です」と答えたら、「お前はこれからイマスチャン・チャックだ」と言われたことから来ている。 故人中村新一(元チーフマネージャー)追悼の意を込め、2007年11月18日、日本武道館にて一夜限りの再結成ライブを行なった。なお、翌19日は中村氏の誕生日であり、存命であれば50歳であった。ライブ終了後メンバー+極少数のスタッフで中村への追悼の意をこめた打ち上げを行った。 大事件:1991年3月 「女の子にもてたい!」と思った栄喜が友人のNATINを誘ってSIAM SHADEの母体となるバンド「POWER」を結成。 1991年 その後、ホットウェーブのコンテストに参加してみごと優勝。演奏曲は「リアライズ・マイ・ドリーム」。ちなみに準優勝したのが「FIFTY50/FIFTY50」という当時KAZUMAがいたバンド(KAZUMAとはコンテストの直前に栄喜とNATINが運命的に会場近辺のパチンコ屋で出会う)。POWERの他のメンバーがやめてしまったので昔から友達だったDAITAを誘ってみるが「音楽が合わない」とすぐに脱退。その後、知り合った「あたる」と新バンド「ataru」を結成。 1992年 「FIFTY50/FIFTY50」が解散して「LOVE JETS」というバンドでボーカルをしていたKAZUMAを栄喜が「俺はもうすぐ辞めるから」と言ってメンバーに入れる。結局、栄喜は辞めなかったのでツインボーカルになる。その後DrにEIが加入する。 1993年 パチンコでもうけた100万円近くを使って4曲入りデモテープを制作し無料配布する。これと同時にバンド名を「SIAM SHADE」に改名する。意味は「密接する影」。7月、「やっぱりギターはDAITAしかいない」という話になり、行方のわからなかったDAITAを探し出してバンドに入ってもらう。当時はかなりのビジュアル系だったのでDAITAは髪が伸びるまでカツラをかぶってライブに出ていた。 1994年 5月に淳士加入。12月、1stアルバムSIAM SHADEがオリコンインディーズチャートで初登場2位を記録。 1995年 8月の渋谷公会堂のワンマンライブでの前半のコント内で高木ブーと共演。 1995年10月、1stシングル『Rain』でメジャーデビュー。 1997年 6thシングルの『1/3の純情な感情』が「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」のエンディングテーマとなり大ブレイクを果たす。 2000年 1月1日、横浜アリーナにおいて元旦ライブを行う 2000年 8月29日にインディーズ時代からよく行っていた男子限定ライブ「男樹」を渋谷ON-AIR EAST(現在のShibuya O-East)にて行う。なお、前日にも大阪で同様のライブを行っている。 2001年 12月28日に念願であった日本武道館で初ライブ。 2002年 年頭に解散を発表。 2002年 3月10日、再び日本武道館のステージに立ちラストライブを行う。この日をもって解散。 2007年 11月18日 一夜限りの再結成。(彼らの元チーフマネージャーである中村新一が逝去した為、追悼の意味を込めて一夜限りの武道館LIVEを決行。)動員数約1万3500人。
[更多][举报]

查看更多内容,请下载客户端

立即下载
反馈播放器